日本三景・松島の絶景と共に味わう『le Roman(ロマン)』のイチジクがゴロゴロのった自家製パフェ!

le Roman(ロマン)

カフェ ル・ロマン

2007年6月から東日本大震災までの4年間は『カフェ ロワン』として営業していました。観光客にも地元の人々にも愛されていたカフェは、東日本大震災による建物の被災によって閉鎖。惜しみ、嘆く声が上がっていました。

それから4年半の月日が経った2015年10月、建物を新たにしリニューアルオープンが実現。「この場所に新しい価値を作って行きたい。」という思いから名づけられた新店名『ロマン』には深い願いが込められています。

 

Cafe le Roman

【ドリンクメニュー】ブレンドコーヒー/ダージリンティー/ネクター各種

【カフェメニュー】ケーキ(450円~720円)/トースト(420円~920円)…他

『カフェ・ロワン』から提供している「タルトタタン(580円)」を求めて来店されるお客様も多いようです。私のお目当ては『カフェ・ロマン』から変わらず提供している「いちじくのパフェ」!早速、レポートしたいと思います。

いちじくのパフェ

いちじくのパフェ

ソフトクリームに、赤ワインでじっくりことこと煮込んだ無花果のコンポート。そして無花果赤ワインソース。非常にシンプルな造りですが、ソフトクリーム以外の素材は総て手作り、自家製です。「ソフトクリーム」は濃厚なコクと透明感のある甘さを感じます。「無花果の赤ワイン煮」は、果実丸ごと二個がトッピングされていています。何より感激したのは、“食べやすいひとくちサイズ”に切り分けられていたこと。

いちじくのパフェ

こちらの「無花果の赤ワイン煮」は、フランス菓子職人であるパティシエールが、フランスで学んできたレシピの基に作られているそうです。噛みちぎる、という動作をせずとも“美味しいモノを美味しく食べられる”細やかな工夫が為されています。

ぷち、と歯に当たる果種の食感。
ねっとり、と舌に絡む舌触り。
無花果が持つ独特な風味と、赤ワインがソフトクリームに溶けた瞬間の mariage …
フラワーグラス(容器)のよりも華やかな花が咲き、口福感で満たされます。

松島の絶景

松島湾

『カフェ ル・ロマン』は二階建て。一階部分にある展望室「松島パノラマハウス」は入場無料、誰でも自由に出入りができます。二階部分がカフェスペースです。春には260本余り程の桜が咲き乱れる『西行戻しの松公園』の麓、そして、遠く広がる松島湾。

春夏秋冬、日本の四季を彩る松島湾を眺めながら、“なんでもない、なにもない時間。”を過ごしてみてはいかかでしょうか?

店舗情報

カフェ・ル・ロマン
宮城県宮城軍松島町松島犬田10-174 西行戻しの松公園
営業時間:11:00〜17:00/定休日:火曜日

タイトルとURLをコピーしました